離婚の手続き | 離婚サポート【リコサポ】記事一覧

離婚手続き

意外と煩雑な離婚の手続き。何から手をつけたら良いのか迷う人もいると思います。そこで手続きの流れを簡単に紹介していきます。まず離婚の意思を相手に伝え、話し合いの場を持ちます。この話し合いで合意が出来れば、協議離婚という形になります。合意出来なければ、調停、裁判と話し合いの場は裁判所に移ります。未成年の子どもがいる場合は親権者を必ず決めます。これは離婚届に必ず記入しなければいけないからです。その他、養...

離婚届の書き方や注意点について

どれだけ長く別居していても、夫婦の仲が冷め切っていても、離婚届けを出していなければ法律上は夫婦です。法律上明確に婚姻関係を解消する為には離婚届を出す必要があります。そんな離婚届の書き方や注意点について紹介します。まず書き始める前に注意しておきたい事は修正の仕方です。書き間違えをした場合でも修正液は絶対使わないで下さい。書き間違えを起こした部分を二重線で消して、訂正印を押すのが鉄則です。文字は黒イン...

離婚の費用

離婚にかかる費用は様々あります。夫婦の話し合いだけで短期間で済めば少なくて済みますが、そうならない場合もあります。その時は弁護士費用や裁判所への手数料、別居となれば生活費もかかります。離婚に関する話し合いや裁判が長引いても法律上は夫婦です。夫婦はお互いの生活を助け合う必要があります。別居中の相手が生活費を入れてくれなといった時の為に婚姻費用の分担請求という権利もあります。婚姻費用の分担請求とは離婚...

協議離婚

協議離婚は日本の90%の夫婦が選択している離婚の方法です。夫婦二人で離婚について話し合い合意が出来れば、後は離婚届を役所に提出して終わりです。手続きも簡単でメリットばかりに見える協議離婚にも注意点があります。協議離婚をする際は離婚について合意していれば離婚可能です。財産分与や養育費などの条件面での合意は離婚の要件ではありません。一刻も早く離婚したいが為に財産分与や養育費などの話し合いせず離婚をして...

離婚調停

配偶者の暴力や不貞行為等、離婚する理由は夫婦様々ですが、いざ離婚となった時に離婚条件を調整する必要があります。夫婦の財産や子供の親権、慰謝料や養育費等、諸々の条件を取り決めなければいけません。協議離婚で話し合いが合意に至らなかった場合、離婚調停を家庭裁判所に申し出て、第3者を話し合いに加えて、条件等の調整を行うことができます。離婚調停は、家庭裁判所で家事調停委員2人と裁判官1人が加わり、夫婦から事...

離婚裁判

夫婦が離婚を決意した時の離婚の方法は主に三つあります。話し合いによる協議離婚、これが最も多く9割を占めます。協議離婚で決着が付かない場合は調停に移ります。これは家庭裁判所で第三者を交えて行なう話し合いです。調停でも上手く行かない場合行われるのが離婚裁判です。離婚裁判は夫婦のどちらかが家庭裁判所に訴えを起こすことで始まります。訴えを起こした方が原告、起こされたほうが被告となり裁判で戦うのです。離婚裁...

離婚すると戸籍は

夫婦は同じ戸籍に入っているのが普通です。では離婚した場合はどうなるのでしょうか?その当たりについて説明していきます。結婚すると原則的に、その夫婦の新しい戸籍が作られます。妻が夫の氏を選んだ時は、戸籍の筆頭者は夫になります。離婚した場合は原則的に元の戸籍に戻ることになります。ただ、筆頭者は籍が移ることは無く、身分事項欄に離婚の事実が記載されます。新しい戸籍を作り、そこに移動する場合もあります。婚姻時...

離婚と弁護士

離婚問題で裁判までもつれ込むのは稀です。仮に裁判までもつれ込んだら、弁護士に依頼する人が多いでしょう。では裁判の1つ手前である調停ではどうでしょう?調停も家庭裁判所で行われますが、あくまで第三者を交えた話し合いなので弁護士に依頼すべきか迷う所です。離婚調停を弁護士に依頼するのはメリットもあればデメリットもあります。メリットとしては調停を有利に進められることです。調停では調停委員を味方に付けることが...

トップへ戻る