離婚を切り出したい時の方法

離婚を切り出したい時の方法

 

離婚を切り出したい人は、相手にどのように伝えようか悩んでしまうこともあります。
切り出し方を間違えてしまうと、思い通りに離婚することができなくなりますので、離婚を切り出したい時の方法を知っておくと良いです。

 

言葉で上手く伝えられそうにない人は、まず紙に書きだしておくという方法があります。

 

自分の気持ちや離婚する理由などを箇条書きにしてまとめておき、手渡しで相手に渡すと良いのですが、相手が忙しいときは機嫌を損ねてしまいますので、なるべく暇な時に渡しましょう。

 

また相手の反応を予測しておき、何を言われても冷静に対応できるように準備しておくのも大切なことです。

 

一方的に自分の気持ちを相手に伝えるのは良くありませんので、話し合う時は相手の気持ちをしっかり聞いて、親身になってあげることも重要です。

 

既に離婚を切り出したという人は、相手の様子を見ながら良いタイミングで返事を聞くと良いです。
このような離婚の切り出し方で頑張ってみてください。

離婚を切り出したい時の伝え方

スムーズに離婚できる夫婦は多くいますが、中にはスムーズに離婚できなくて困っている人もおり、これはどちらか片方が離婚したくないからです。

 

逆に離婚を切り出した人もいますが、相手を納得させられるような方法で離婚を切り出した方が良いので、離婚を切り出したい人は伝え方を知っておくと良いです。

 

言葉で離婚の意思を伝えられない場合は、メールで伝えると良いのですが、長文になると伝わりにくくなりますので、短い文に意志を上手くまとめてから送りましょう。

 

相手に直接、言葉で伝えられる人は、いきなり離婚したいというのではなく、大事な話があるから時間を作ってください、という感じの前置きをしてから本題に入ると良いです。

 

このような伝え方で意志を伝えると良いのですが、相手を思いやる気持ちを持ち、冷静に話し合いをすると効果的です。

 

離婚までに時間が掛かるのは仕方がありませんので、相手を侮辱するようなことを言わないようにして話し合いを続けていきましょう。


トップへ戻る