離婚する時にマンションの住宅ローンはどうなる!

離婚する時にマンションの住宅ローンはどうなる!

 

ときには離婚というかたちで、人間関係の解消を迫られることも少なくありません。
現代では決して珍しいことでもないため、あまり深刻にならず粛々と手続きを進めていくのがいいでしょう。

 

ただ、財産分与の問題は明確に決着をつけておくべきです。
それは不動産や貯金、自動車など多岐にわたります。
また、住まいの住宅ローンが残っている場合、もう少し深い話し合いが必要です。

 

たとえ離婚したとしても、住宅ローンの契約内容や名義、なにより返済義務はそのまま残ります。
連帯保証人として妻や夫が指定されていることも多く、責任は等しく背負っていると考えていいでしょう。

 

片方が返済を放棄する可能性もあるため、事前に今後のロードマップを定めておくことが大切です。
そもそも大抵のケースで、マイホームは家族一緒に暮らすことを前提にしています。

 

そのため、早めに売却をしておけば、離婚後に尾を引くこともありません。
住宅ローンを返して余ったお金は、改めて2人で分けることになります。

 

ただ、売り払っても返済額が残ってしまうようだと、不動産店から取引を断られるのが常です。
そんなときも、任意売却という手段が残されています。
まずは専門家とよく相談して、いち早く解決を図っていきましょう。


トップへ戻る