離婚率が上昇している日本

離婚率が上昇している日本

 

近年、テレビや雑誌等で「不倫」「すれ違いの生活」等の理由で、離婚する有名人のニュースをよく目にします。

 

これは、何も有名人だけに限ったことではなく、一般人にも当てはまることで、日本の離婚率は「3組に1組は離婚している」と言われるほどの確率です。

 

時間にすると「約1分49秒に1組離婚している」と表現されるほどです。
なぜこんなに離婚率が高くなっているのでしょうか。

 

国によっては、国の制度や宗教上の理由から、1度結婚すると簡単には離婚できない理由等があり、離婚率の上昇をある程度抑制されている場合もあるようですが、逆にロシアやイタリアの様に、男性から女性に積極的なアプローチをする国のように離婚率の高い国もあります。

 

日本のこれまでのイメージは、結婚したら人生を伴侶に注ぐという印象が強く、離婚するというイメージは少なかったですが、現在の日本は、授かり婚が増加したことと、経済的な生活苦が原因になる場合と、女性の社会進出による熟年離婚が考えられます。

 

時代の流れと言われればそうかもしれませんが、そのような状況でも幸せな結婚生活を送っている夫婦は数多くいるので、前向きにとらえて円満な家庭を築けていけるといいですね。

離婚率を下げる為に考えるべきこと

結婚は、それだけでめでたくて幸せですが、人生の半分以上を配偶者と共に過ごしていくという覚悟も必要になってきます。

 

最初から離婚を考えて結婚する人はいないでしょう。
夫婦生活の中で、離婚に繋がるような出来事が起こる前に、普段から考えておくだけで離婚する確率を下げる事が色々あると思うので、ここで紹介していきます。

 

そもそも、この相手と結婚した理由はなんですか?
一時的な感情で結婚まで決めてはいないはずです。

 

好きなところも嫌いなところも含めて、末永く一緒に人生を共にすると決めたと思います。
その時の気持ちを忘れずに、時々思い出すようにしてください。

 

夫婦生活の中で、意見がぶつかり合うこともあるでしょう。
そんな時に、どちらかが意見をくみ取ってあげられる気持ちのゆとりを持ちましょう。

 

ほんの少しの優しさで、お互いが幸せでいられるならいくらでも譲り合える関係ができます。
そうすることで夫婦として共に成長することができると思います。

 

このように、家庭内の離婚率を下げる方法は様々です。

 

その家庭によって離婚率を下げる方法は多少変わってきますが、基本的には上記で紹介した内容を実践するだけでも、離婚率はかなり下がると思います。

 

なによりも、お互いを理解しあえる関係作りを大事にしていきたいものです。


トップへ戻る