離婚したら住宅ローン返済はどうするのか!

離婚したら住宅ローン返済はどうするのか!

 

離婚した場合の住宅ローンの返済とは、どのようにしたら良いのでしょうか。

 

そのまま支払いを続ければ、自分の資産として、住宅は、残るのでそのまま支払いを続けても良いですが、これまで、夫婦や家族で、暮らしていて、一人で暮らすとなった場合に、一人用の住居としては、広すぎるというケースがほとんどです。

 

そこで、考えるのが、一人用の住居への住み替えです。
もし、住宅ローンがすでに、現在の住宅の販売価格以下なら、現在の住宅を売ってしまい、次の住居への資金に回してしまうと良いでしょう。

 

もし販売価格が残りの住宅ローン以下であれば、住宅を販売して、住宅ローンを減らしてから、次の住居へ移るのがよいでしょう。いずれにせよ、

 

住宅ローンをそのままにしておくと、その金利が今後も重くのしかかってしまうので、できるだけ、今までの住宅ローンは、返せる分だけ返してしまう方が賢明です。

 

また、仮に離婚後、次の再婚の予定が有るという方は、そのまま住宅を保持していても良いかもしれません。
これまでの収支のパターンを変えずに、生活を送っていけますし、少しこれまでとは、住環境を変えたいということであれば、増改築などで変えてしまうというのも一つの手です。

 

いずれにせよ、自分の今後の生活にあった、住宅ローンの返済計画を立てて行くのが、最善の対応になってきます。

 


トップへ戻る