離婚に向けての別居で注意するポイント

離婚に向けての別居で注意するポイント

 

結婚生活が上手くいかず離婚を考え始めると、配偶者と一緒に生活すること自体が苦になるので、別居したいと考える人は少なくないと思います。

 

しかし、別居をしたいと思っても、色々な問題を家に置いたまま家を出るのは離婚に際して不利になる可能性があります。

 

別居をする為にはそれなりに準備が必要なので、ここでは、離婚に向けての別居に関するポイントを2つ紹介します。

 

まず、別居するには正当な理由が必要であることを理解しておきましょう。
理由がなく別居してしまうと、夫婦の同居義務に違反したとみなされるか、相手の意向を無視した一方的な別居で「悪意の遺棄」と判断される場合があります。

 

そうなると、離婚の原因を作ったのはあなた自身になり、離婚に際して圧倒的に不利になってしまうので注意しましょう。

 

では、どのような理由であれば別居を認められるのでしょうか。

 

理由としては、配偶者のDVやモラハラを避ける為、配偶者が生活費を家庭に入れない、配偶者の不貞、配偶者が家庭を顧みない等が正当な理由として認められやすい内容です。
可能であれば、双方合意の上での別居であることを書面で残しましょう。

別居が離婚の原因になる場合も?

離婚に向けての別居で注意するポイント

 

結婚生活は、全ての夫婦が円満に送っているということはありません。
大なり小なり問題を抱えているのは当たり前です。

 

そんな結婚生活の中で、離婚を考えるほど夫婦関係が上手くいかなくなってしまった際に、感情的になって冷静な判断ができなくなってしまうこともあります。

 

そんな時に、冷静に物事を判断する為の手段として、別居をするという方法があります。

 

ただ、別居をするにしても、やみくもに家を飛び出してはいけません。

 

夫婦間には同居義務があるので、何の話し合いもせずに家を出るのは同居義務違反となり、たとえ相手に非があって家を出たとしても、家を出たこと自体が離婚原因となってしまう場合があるので注意しましょう。

 

別居の際に大事なことは、別居する理由をはっきりとさせておくことです。

 

これは、同居義務のある夫婦が、別居をしなくてはならないのはなぜなのかという理由がないと、先に説明した同居義務違反になり、離婚の原因となってしまうからです。

 

後あと自分が不利にならない為にも、別居の理由は双方の合意があったことを書面等に残しておくといいでしょう。


トップへ戻る