離婚する時の慰謝料について

離婚する時の慰謝料について

 

夫婦が離婚したときに慰謝料を請求したり払ったりすることがありますが、どのような時に慰謝料を請求できるのか分からない人もいます。

 

離婚した時の慰謝料は、不倫や浮気をした場合、DVやモラハラがあった場合、悪意の遺棄があった場合、セックスレスになっていた場合が挙げられます。

 

不倫や浮気をした場合は、たった1度の性行為や風俗通いなどは請求額が低くなりますが、継続的に行われたいた場合は高額を請求できます。

 

DVやモラハラは身体的な暴力や言葉の暴力を受けていた場合に請求できます。

 

悪意の遺棄とは、夫婦で助け合うという義務に違反した場合に請求することができ、生活費を入れないことや同居を拒否するなどが挙げられます。

 

セックスレスで慰謝料を請求することができますが、これは相手に勃起不全などの、やむを得ない理由があるときは請求が難しくなります。

 

このようなことが離婚する時に慰謝料として請求できますが、それぞれ金額が違ってきますので気を付けましょう。

離婚する時の慰謝料の相場とは

慰謝料は離婚した時に発生するのですが、慰謝料の金額は決まっているわけではなく、話し合いや裁判などで相場が決まってきます。

 

そして離婚した時の慰謝料の相場は、長期に渡って相手が浮気や不倫、風俗などに通っていた場合は、100万円くらいから500万円くらいとなります。

 

身体的暴力のDVや言葉的暴力のモラハラを受けた場合は、50万円くらいから300万円くらいの慰謝料が相場となります。

 

生活費を渡さないことや同居を拒否するなどの悪意の遺棄は、50万円くらいから300万円くらいとされています。

 

相手に落ち度が無いセックスレスの場合は、100万円くらいから300万円くらいと言われています。
このような相場は、婚姻期間が長かったり年齢が高いと高額になるケースもあります。

 

また職業や年収によっても違ってきますので、離婚する時は気を付けてください。
慰謝料は離婚した後の生活に大きな影響を与えますので、少しでも多く頂いたほうが良いと言えます。


トップへ戻る