1番困る離婚後の生活費

離婚したら大切なのは生活費

 

離婚をすると真っ先に不安に思うことは生活費だと思います。

 

離婚を機に、今までの生活が一変してしまい、毎月の出費や子供の教育費や将来の為の貯えや保険等々、心配に思う所は多くあると思います。

 

特に専業主婦として家庭に入っていた女性にとって、離婚後に直面する問題としては一番の心配事になるのではないでしょうか。

 

結婚前は別として、離婚するまで仕事をしていなかったこともあり、生活費を捻出するには、働き口を探さなくてはなりません。

 

自治体の就労支援サービス等を活用して働き口の確保をしましょう。

 

しかし、女性1人で生活費の全てを賄える仕事に就くのは難しいのが現状です。
人によっては仕事をいくつか掛け持ちしている場合もあります。

 

そんな時も、自治体が行っている母子家庭への生活支援制度を活用しましょう。

 

母子家庭や1人親世帯の場合、自治体に申請をして認定してもらえば、子供の扶養や医療費に関する手当等も受けられますし、学費等を免除や無利息や低利息で借りることができる制度もあります。

 

生活費に困って1人で悩まず、自治体を含め各種相談機関へ相談してみましょう。

離婚前に確認しておくべき生活費の確保

離婚を考える上で切り離して考えられないのが離婚後の生活費です。
いざ離婚した時に、ある程度困らないくらいの生活費の確保はしておきたい所ですが、実際どうしたらよいのでしょう。

 

ここでは、離婚前から生活費を確保する方法を紹介します。

 

まず、離婚をする時に考えなくてはならないのは別居する際に発生する費用と生活費です。
離婚が決まっても、住む家が決まっておらず、生活費も無いとなると、離婚後生活が破綻することは目に見えています。

 

そうならない為には、少なくとも当面の生活費や引越費用を貯蓄しておく必要があります。

 

離婚前でも、自分の為の貯金はある程度していた方が、離婚時に慌てて費用を捻出する必要もなく、大きな不安を抱えたまま離婚せずにすみます。

 

結婚生活中であっても、配偶者との生活に不満や不安がある場合は、万が一に備えて自分で仕事をした収入を貯金しておくべきだと考えます。

 

貯金があれば、離婚をしてもしなくても、何かあった時にはその貯金が活かされることになるかもしれません。
無駄なことと思わずに、万が一備えた準備をしておきましょう。


トップへ戻る