離婚からの復縁は成功するの?

離婚からの復縁は成功するの?

 

離婚という結論に到ったものの、相手の事が忘れられず復縁を望む人もいます。

 

しかし、別れるという結論に到る過程で夫婦の関係がさらに険悪になってしまう事もあります。
このような状況で相手とヨリを戻すのは不可能に思えます。

 

しかし以外にも離婚からの復縁という例は少なくありません。
そして夫の不貞行為が原因の場合は、その可能性がより高くなります。
逆に妻の不貞行為が原因の場合はヨリを戻すのは不可能に近いと言われています。

 

離婚後の相手との関係は復縁の可能性に大きく影響を与えます。
相手の別れる意思が固い場合は、相手は離婚後に連絡先を変え、連絡が取れない状況します。
逆に連絡が取れる状況にある場合は、ヨリを戻す可能性が少なからずあるというわけです。

 

相手が離婚後の生活設計を固めている場合も復縁は難しくなります。

 

女性の場合は子供の育児に関する家族の協力体制や、女性が働きやすい仕事先を選んでいるなら生活設計は固まっているでしょう。
勢いに任せて別れた場合は、この生活設計が曖昧ですのでヨリを戻す可能性が残されています。

離婚からの復縁には冷却期間が必要?

離婚したけれど復縁したいという場合、相手としばらく距離を置く冷却期間が必要になります。
場合によってはすぐにアプローチをしたほうがいい事もあります。
基本的には稀ですし、不満があって別れたのにすぐに復縁を迫っても上手くいくわけありません。

 

では実際に復縁に必要な冷却期間の長さはどれくらいなのでしょうか?
これは基本的に相手との関係が悪化していればしているほど長くなります。
相手から完全に嫌われているような場合、数年単位の時間はかかります。

 

冷却期間といっても、離婚後に相手と全く連絡を取らなかったり、避けたりする必要はありません。
冷却期間は復縁までの準備期間と捉えてください。
離婚後に相手と連絡が取れる状況にあるなら、普段通りに自然に接しましょう。

 

普段通りに自然に接するのが重要で、復縁を迫ってはいけません。
相手からの歩み寄り、好意を感じられるようになったらアプローチを始めます。

 

子供がいる場合は、面会を通じて歩み寄りやすくなります。
子供がいない場合は、まず普通に連絡を取り合える関係を目指しましょう。

復活愛!4ステップリカバリー

離婚を回避して、元通りに修復する方法


トップへ戻る