円満離婚に有効な方法としては

円満離婚に有効な方法としては

円満離婚に有効な方法としては

円満離婚に有効な方法としては

 

離婚といえば、何かとトラブルの原因になることが多い傾向にあります。

 

離婚がトラブルの原因になるのは、一つが金銭的なことで、もう一つは人間関係にあります。

 

さらには子供がいる場合には養育費や親権の問題です。

 

まず、金銭的な問題としては、財産をどのように分配するかという問題です。

 

これは養育費にも関係してくる問題になります。

 

普通は、財産はどちらの名義の通帳に入っているかで決まります。

 

普通は夫名義になっていることが多いです。

 

それが嫌ならば、結婚をした時からそれぞれの財産をそれぞれで管理する方法ならば、離婚した時に円満離婚をすることが可能になります。

 

次に、人間関係ですが、結婚前から相手の人間性について知っておくことが必要になります。

 

また、結婚後も相手としっかりと話し合いをしておくことが必要になります。

 

もちろん、普段からそのように心がけていれば離婚に至る可能性は一気に低くなるに違いありません。

 

では、親権についてはどうでしょうか。

 

親権については意外と難しい問題です。

 

基本的には母親に親権が委ねられることが多いですが、2割ぐらいは父親が親権を握っていることもあります。

 

母親が親権を握っていることが多いのは、産んで育てたのが母親だからという理由ですが、母親が産んで育てたにもかかわらず、父親の方で親権が欲しいという場合があります。

 

 

この場合は、裁判にまで持ち込むこともありますが、子供が意思表示できれば子供に選ばせることも円満離婚の一つの方法になります。"


トップへ戻る