円満離婚の為の養育費の決め方

円満離婚の為の養育費の決め方

円満離婚の為の養育費の決め方

円満離婚の為の養育費の決め方

 

自分の子どもが親から自立するまで養育する為に必要な費用の事を養育費と言います。

 

現在では、実際に子供を育てている方の親がもう一方の親からその費用を払ってもらうというのが一般的な形となっています。

 

親は子どもを育てる必要がある為、この費用を支払う義務は存在しており、一般的には子どもが成人するまでは払う物となっています。

 

勿論その間に結婚したり働き始めたりすれば子供に対しての不要義務はなくなるため、養育費の支払いも不要です。

 

基本的に、何円位にするかと言うのは親の生活水準等を考慮して決める為、何円にするというルールは有りません。

 

ただ一般的には月に3万円から6万円程度が現在の相場です。

 

離婚と言うと訴訟と言うイメージを抱いている人もいるかもしれませんが、実は円満離婚をされている方も決して少なくありません。

 

この場合は、両者がお互いに納得した形での離婚と言う事になっており、それに至るまでには様々な話し合いがなされています。

 

養育費に関しても、話し合いをする事によって決めるというのが一般的です。

 

勿論今後のお金の関係等も出てくるので、決めた事についてはしっかりと記録として残しておくという事は基本で、さらに金額設定に関しては相場から判断する、賃金や生活水準と養育費の相関関係の表等を見て判断するという事になります。

 

こうした資料というのは理解しやすいだけでなく、お互いに納得しやすい形にしやすい為、予め用意しておく事が重要です。

 


トップへ戻る