父親は親権を獲得できるのか

親権を父親にする為には

 

離婚した夫婦の中には、子供の親権を巡って調停に持ち込むことがありますが、父親でも親権が獲得できるか気になるのではないでしょうか。

 

父親でも獲得することができますが、一般的には難しいとされており、実際に調停を行った夫婦の多くが母親が親権を獲得しているからです。

 

しかし母親が絶対に親権を獲得できるとは決まっていませんので、父親は諦める必要はありません。

 

そして父親が親権を獲得するには、まず子供と同居しているほうが有利となります。
それと経済的に有利になることでも獲得できる可能性が高くなりますが、お金があるだけでは養育費を払えば良いということになってしまうので気を付けましょう。

 

また相手方の評価を下げるというよりも、自分が高く評価されるようにした方が良く、これは調停委員に良い印象を与えることができるからです。

 

それに金銭的な幸せよりも精神的な幸せの方が優先されますので、経済的なことにプラスして精神的な幸せを約束できるアピールをすると良いです。

父親が親権を獲得するには

離婚してしまう夫婦は多くいるとされていますが、子供のいる夫婦が離婚した後、親権がどうなるかは調停や審判などで決まります。

 

父親が親権を獲得するには、経済的なことが欠かせなくなっており、これが父親にとって1番有利になることが多いからです。

 

また父親が親権を獲得したいときは、調停で調停委員に嫌な顔をされることが多くあり、母親に対する意地と見栄で争っていると思われてしまうからです。

 

それに調停委員は母親に獲得させようと調整することがよくありますので、調停委員によっても獲得できるかが違ってきます。

 

しかし別居後にすぐ子供を養育して、子供にとって良い養育環境が整っていると思われれば、父親が獲得しやすくなります。

 

母親と別居状態で、父が子供と暮らしている状態にあれば、比較的に獲得しやすくなるのです。

 

8割くらいが母親に獲得されると言われていますが、父でも十分獲得できる可能性はありますので、これから調停を始める人は諦めずに頑張ってください。


トップへ戻る