最近、気になる夫婦仲、険悪にならないうちに対策をたてておこう

最近、気になる夫婦仲、険悪にならないうちに

最近、気になる夫婦仲、険悪にならないうちに対策をたてておこう

最近、気になる夫婦仲、険悪にならないうちに

 

夫婦仲が悪くなるには原因があります。

 

この原因をそのままにしておくと、修復できないところまできてしまう恐れがあります。そうならないためにも、原因を一つ一つ改善していきましょう。それが夫婦生活を長く続けるコツだと思います。

 

最初に離婚する前に必ず、兆候があります。ちなみに離婚の一番の原因は性格の不一致です。結婚したばかりの頃はお互いを理解できていたのに、いつの間にかすれ違うようになってしまった。といったところでしょう。
そこで夫婦仲が悪い夫婦の5つの特徴とはどんなモノなんでしょう。夫婦喧嘩をしなくなってしまった。喧嘩をしないから仲がいいと思うのは大きな間違いです。

 

お金の使い道や子供の教育、他にもいろいろといさかいの種になりそうなものは沢山存在します。喧嘩とはいかなくても言い合いくらいはあるはずです。それすらなくなった場合、離婚の危機は近づいているのかもしれません。

 

すれ違いの生活が続いている。結婚している場合、大半が同居しています。なのに仕事でお互い、顔も見ない。これでは、同じ家にいながら別居しているのと同じです。さらに会話もなくなったら、もう夫婦とは言えません。ただの同居人と同じです。それにすれ違いの生活が続くと夫婦の間にあるコミュニケーションもなくなってしまいます。

 

次は寝たふりです。夜遅く帰ってきたらすでに相手は寝ていたというパターンです。確かに毎日、仕事先から遅く帰ってきたなら待つ相手も大変でしょう。だけど、時には寝ずに待っててほしいと思う時もあるはずです。そんな時、相手が眠っているというのはなかなか、せつない思いを感じるモノです。

 

昔から嫁と姑の仲が悪いとよく言います。その理由は世代の違いからきているのが原因だと言われています。いくら、夫婦の仲がよくても嫁と姑の仲が悪いと結局、離婚というケースがあります。それに、嫁と姑の間にいる夫の心境も大変です。どちらの味方になってもしこりが残るからです。心のしこりが残ったままでは結局、夫婦の仲もだんだんと悪くなっていくかもしれません。

 

どちらにしても夫婦の仲が冷え込んでしまえば、それだけ離婚の危機が近づいていきます。

 

最後は嫉妬です。相手に興味がなくなるというのが離婚の兆候なら、嫉妬も離婚の兆候の一つです。嫉妬は相手を束縛することになります。たしかにある程度の嫉妬があってもおかしくないです。多少の嫉妬がなければ相手の本気度が分かりません。たけど、嫉妬深いと今度は相手を敬遠したくなります。

 

例えば、今は大抵の人が携帯を持っています。携帯では着信が記録されます。そこで相手の携帯の着信履歴をチェックするということです。毎日、チェックされ自分以外の異性の着信があった場合、相手を問い詰める。これは相手を束縛していることにはならないでしょうか。

 

それだけでなく、携帯は相手のプライベートな部分になります。そこまで踏み込むということは相手の浮気を疑っているということになります。正直、夫婦間でお互い、浮気を疑うというのはあまり信頼がなくなっているような気がします。

 

やはり、夫婦同士での信頼が薄まっていくのも夫婦仲が悪くなる原因かもしれません。


トップへ戻る