離婚理由は色々あります

離婚理由は色々あります

 

離婚する夫婦には離婚理由が色々とありますが、その離婚理由の中でも多くあるのが、金銭感覚の違いや性生活の不一致、DVや病気による問題があります。

 

金銭感覚の違いは立派な離婚理由になりますが、相手が借金をしてからでは遅いので、早めに離婚話をした方が良いです。
性生活の不一致は、愛情の減少とも言えます。

 

勃起不全などの理由は仕方ありませんが、何の理由も無いただのセックスレスは夫婦間に大きな溝を作ってしまいます。

 

この性生活の不一致が1度生じてしまいますと、元に戻すのは凄く困難ですので、離婚に至るケースが多いのです。

 

DVは結婚後に発生することが多くありますので、気付かないまま結婚してしまうのですが、DVをする人はどんどんエスカレートしますので、DVと思ったらすぐに離婚に踏み切った方が良いと言えます。

 

病気による離婚は、完治の見込みがない病気によることが多いのですが、結婚後に発症したケースがほとんどです。
特にうつ病や育児ノイローゼが多いとされています。

癖が離婚理由になることもあります

離婚するために結婚する人はいませんが、結婚してから離婚してしまう人は数多くいます。
離婚する人の離婚理由は様々ですが、どちらかの癖が離婚理由になることもあります。

 

離婚理由になる癖とは、夫が妻より女子力を上げようとする癖、お金を好き放題にする浪費癖、色んな女性と遊びたくなる遊び癖や家族のためには頑張れない怠け癖が挙げられます。

 

夫が妻より女子力を上げると、妻の女としてのプライドが傷つけられてしまいますし、男なのに化粧をするようになったら気持ち悪くなるからです。

 

お金を好き放題にする浪費癖は、生活費に手を出してしまうことがありますので、子どもの生活のことも考えて離婚する理由になっているのです。

 

夫が色んな女性と遊びたくなる遊び癖は、風俗や水商売の店に行って女性と遊ぶのですが、お小遣い以上のお金を使うこともあります。

 

家族のために頑張れない怠け癖は、自分にプラスになることしか頑張れない傾向にありますので、家族を優先できない人は無理ということになって離婚に至るのです。


トップへ戻る