浮気が原因の離婚について

浮気が原因の離婚について

 

離婚の原因で1番多い浮気。
信頼する人に裏切られた気持ちは計り知れません。

 

しかし、浮気をした方は簡単には認めようとしない人が多く、離婚にこぎつけるまで時間や労力がかかってしまうことも多いようです。

 

そうならない為にも、浮気が原因で離婚を考える時に大事なポイントをいくつか紹介します。

 

まず、浮気の証拠を揃えることが、離婚の際に重要なポイントになります。

 

浮気現場を目撃し、相手が浮気を認めて離婚できるならいいですが、手放しで離婚してしまうと、今後の生活や子供の養育費、浮気をされた慰謝料等がうやむやになってしまう恐れがあります。

 

一時的な感情で、早く離婚したいと思う気持ちは分かりますが、浮気の証拠をしっかり抑えておけば、いざ離婚の際に自分に有利な条件で離婚しやすくなるので、証拠は多く集めておきましょう。

 

もう1つのポイントは、浮気した人と一緒にいられないからといって、慌てて家を出たりしないようにしましょう。

 

夫婦には同居義務があるので、お互いの合意がないと、家を出た方に同居義務違反とみなされ、逆に離婚の原因となってしまう可能性があります。
例え一緒にいたくなくても、ある程度協議が進むまではガマンしましょう。

浮気証拠で確実な離婚を

浮気が原因の離婚について

 

浮気の現場や、浮気をしていると思われる内容のメール等、浮気が原因で離婚する際には大事な証拠になる情報です。

 

しかし、この様な証拠を持っていても、相手はシラを切って言い逃れをしようとします。
そんな時でも、言い逃れできないような証拠を抑えておかなければなりません。

 

自分でその証拠を抑えようとするのには限界があります。

 

例えば、浮気相手と配偶者の密会の待ち合わせ等を抑えるにしても、尾行自体難しいですし、何時間かかるか分からない行動を監視するのは、一般人には無理があります。

 

素行や浮気の証拠を抑えるなら、探偵を利用して確実に証拠を抑えるようにしましょう。
もちろん、自分でできる範囲の浮気証拠を抑えることも大事なので、探偵が掴んだ証拠と併せて離婚の際の有力な情報にしましょう。

 

浮気の証拠を抑えつつ、それ相応の慰謝料を請求する為に弁護士も準備しましょう。

 

お互いに協議して納得した額で離婚できることはなかなかありません。
自分が納得できる額を請求する為には、裁判離婚になることも念頭において事前に準備していた方が無難でしょう。


トップへ戻る